「商品」以外は売らない、と言うスタンス

これまでにとらわれない美容室

これまで美容室の役割、というのは限られていました。カット技術が素晴らしい美容室と言うのが、技術のある美容室である、とみなされていた傾向がありましたが、最近のお客様が求めている事はそれだけではない、と言う時代になってきたように思われます。それが証拠に、現在はやっている美容室の傾向として、美容室の中にエステメニューを取り入れたり、逆にエステサロンの中に美容室が入っていたり、と言う傾向がみられます。お客様がそれを求めていた、または評判が良いからその様な経営が成り立っている訳ですが、そういう風潮にたいして、即座に波に乗る美容室と言うのは、お客さまからも注目される川口 美容室のような場所ではないでしょうか。それでは美容師以外にもエステシャンとかネイルアーティスト、なども雇わなくてはいけないじゃないか、と考える様では遅いようですね。先端を行く美容室ではアシスタントにそれらの事をまず学ばせるようです。アシスタントとして学習してお客様の前に出るようになるまでに、フェイシャルやネイルを習得する方が断然早いのだそうです。極端に言えば、最近の美容室では「助手」とか「アシスタンの」と言う物に頼らない形式の美容室も出てきている様なんですね。このようにこれまでの美容室のあり方にとらわれない柔軟な発想、というのも大切な様ですね。