「商品」以外は売らない、と言うスタンス

髪の毛の構造

髪の毛は頭皮から出ている部分は毛幹、頭皮の中にあり見えない部分を毛根といいます。毛根には髪を伸ばす細胞があり、それが細胞分裂して伸びて頭皮から出てきたものが髪の毛(毛幹)です。この毛幹は3つの層で出来ています。まさに巻き寿司と同じような構造です。毛幹の3層はメデュラと呼ばれる毛髄質、コルテックスと呼ばれる毛皮質、キューティクルと呼ばれる毛表皮が重なり合ってできています。髪の毛(毛幹)の中心部にあるメデュラ(毛髄質)は巻き寿司でいうと具にあたる部分ですね。立方体のような形をした細胞が蜂の巣状に配置されています。その細胞は空気を通せるようになっているので多くの空気が含まれていて、根元には水分を蓄えているみたいです。ただし、うぶ毛や赤ちゃんの髪の毛のように細い毛にはありません。また普通の毛でも途中からないものもあります。次にコルテックス(毛皮質)は毛の90%を構成する層で巻き寿司に例えるとシャリの部分ですね。髪の毛の大部分を占める層でメラニン色素が入っているのでこのメラニン色素の量で髪が黒くなったり茶色くなったり白髪になったりします。そして最後巻き寿司でいうと海苔の部分にあたります。これは一度はきっと聞いたことがあると思うキューティクル(毛表皮)です。キューティクルはうろこのように重なって内部の2層を守っている層です。キューティクルが壊れると下の2層に含まれる栄養分や水分などが出てしまうために髪のダメージが進んでしまうんですね。そんな時こそ三軒茶屋 美容室 さん等、議事打つのあるお店などでダメージ補修の手助けをしていただくのもひとつの案かもしれませんね。