「商品」以外は売らない、と言うスタンス

洗い流さないトリートメントは髪に悪い?

家で自分でできるヘアケアの代表格と言ってもいいほどの存在であるトリートメント。でもこのトリートメントの中の洗い流さないトリートメントは髪の毛にダメージを与えると聞いて、すごく気になったのですぐ調べてみました。今現在各シャンプーの市販ブランドでシャンプー、コンディショナーと一緒にトリートメントが売っているのが普通になってきました。トリートメントはコンディショナーとは違って髪の内側を補修するもの、コンディショナーは外側を保護するものという位置づけです。では洗い流さないトリートメントは?というとコンディショナーとトリートメントとの中間といった感じでしょうか?しかし洗い流さないトリートメントは洗い流さなくてもいいくらいの栄養分しか入っていないので洗い流すトリートメントに比べると効果もほとんどありません。どちらかというとコンディショナー寄りのイメージです。ですが髪に悪いのかと言われるとどちらともいえないというのが現状のようです。実際髪の毛はしっかりコーティングされるので外側からのダメージは受けにくくなりますよね。ですが、内部が補修されていないので髪の毛がパサパサになったりすることもあるようです。要は使い方次第でよくも悪くもなるということですね。洗い流さないトリートメントはできれば濡れているうちに少量ずつ毛先につけて、頭皮近くは付けない方がいいようです。そして乾かしてからも乾燥が気になる場合は重ねてつけるといいみたいですね。でも少量でいいようなので付けすぎないように!と天神 美容室で教えていただきました。