「商品」以外は売らない、と言うスタンス

「商品」以外は売らない、と言うスタンス

激戦区の中での競争に勝ち抜いていく美容室と言うのは、何かしらこだわりを持っている美容室だと思えるのです。それは井土ヶ谷 美容室のこだわりに深く賛同したお客さんと言うのは、離れていかずにそのままずっと常連さんでいてくれる可能性が高いからです。美容室にとって一番のお客様は、クーポンを使うために来流動的なお客さまではなく、その美容室にずっと通ってくれる常連さんなんですね。常連の客様は一般的に単価も高いです。おすすめするヘアケア剤なども使ってくれる可能性も高いのです。それはそこにお店との信頼関係や、お店のコンセプトに対する理解があるからなんですね。流動的なお客さましか来ない美容室と言うのは、逆に言えばクーポンぐらいでしか魅力を感じない美容室なのかもしれません。この冬最新の美容室何かにこだわる、というのは、逆に言えばこだわっているもの以外でお客様の気を引こうとしない、という姿勢だと思うのです。そこそこのメニューに関して幅広く扱っている、というのではなくて、うちの美容室はこれだけは他店に負けない、と言う何かを持っている事です。それは決して施術の技術だとは限りません。その美容室で過ごす時間が、どこの美容室よりも落ち着く、と言う事も立派な商品となります。オススメの商品が一つあれば、自然とお客様は集まります。